入院しました

実家のルイちゃん

今日緊急入院しました



詳しい検査結果は明日

だけど

いろんな事が重なっていて

手術は

リスクが大き過ぎるかも‥‥と


頑張れ ルイちゃん
少しバタバタするのでコメント返しはお許し下さい!

お帰り

ウルトラ三兄弟が無事

幸せなニャンコ生活を歩み始めた頃

実家のルイ( MIX犬・15才 ) が体調を崩し

通院させたり

夜は薬を飲ませに実家通いの私(笑)
たいした距離ではないので車でビュ~ン

ルイちゃん‥‥

元々 食が細い子なので

薬は直接口からなんです
なので両親は無理(笑)

ウチのワンズのガッツキを分けてあげたい (笑)

らぃむ王子も 毎日

朝と夜 発作止めの薬を飲むけれど

食べ物の中にねじ込んでるので

手間要らず(笑)

逆に『 薬の時間だよ~ 』って言うと

喜んで近寄って来ます

ちっぷお姉ちゃんまで‥‥

らぃむ王子は薬入り

ちっぷはノーマルで 食べてます(笑)
ちっぷちゃん‥‥だから痩せれないのね‥‥

でも、ねじ込み方が甘いと薬だけピッと出す

流石のフードファイターも薬の味は わかるらしい(笑)



あっ、話はそれちゃいましたが

そんなルイちゃんと平行して

白ちゃんも無事に去勢手術終了しました

先生のご厚意で1泊させてもらった白ちゃんが


ご立腹 元気に退院してきて





ルイちゃんも少し体調が安定し

ほっとしてた日の夕方

私とミーちゃんと外で遊んでいたら



帰って来ました‥‥


あの方が‥‥







3週間振りに

私の目の前に現れたチュンチュン

幼鳥みたいに ふっくら

鳥が膨らんでる時は

明らかに体調が悪い時‥‥

『 お帰り 』

よく帰って来たね‥‥

ここはチュンチュンの家だから

何かあったら

帰ってくればいいんだよ(>_<)



‥‥って事で

しばらくチュンチュン 休養中



一言多いぞ‥‥ ちっぷちゃん‥‥

ウルトラ三兄弟の 生きる道



残りは



健康面も心配ないし

トイレも完璧

それなら1日でも早く

里親さんの元で

暮らした方がと思っていた

この子たちの幸せの為に


そんな願いを

神様は絶対に叶えてくれる

いや

この子達 自身がその力

絶対に持ってるハズ


2日後

残りの女の子と男の子

兄弟2匹

私の知り合いのお家の子になる事に決定


良かった~


そう思ったのに‥‥

次の日の、朝

最初にトラちゃんを欲しいと

言ってくれてた里親予定の人が

まさかのドタキャン



野良猫、里子、可哀想、協力

でも‥‥ やっぱり‥‥ 野良猫‥‥
野良猫は最初から 理解してたハズでは‥‥?(ー_ー)



可哀想と言う一時の感情だけで

命を簡単に引き受けて欲しくない





思う事はイロイロあったけど

軽い感情に流されて

飼ってもらうより

ドタキャンでも

断ってもらって良かった



誰でもいいから里親になって欲しい訳じゃない


‥‥って事で



ウソじゃないです(笑)

他の2匹は既にお引越し

いいじゃん、一人っ子で甘え放題だよ?



ビビり王子の監視の元ですけど(笑)


だけど意外と兄弟いた時より

1匹になったら



あぁ 可愛い過ぎでしょ~



アナタにも必ず 素敵な里親さん

見つかるからね

そんな事を考えていた日の夜

2匹を引き取ってくれた知り合いから

『 あの子 どうなった? 』

『 諸事情で里親さんを再度探す』

そう 伝えたら

『 良かった 』

良かった???


なんと 家族で話していて

元々 三兄弟だから

一緒に引き取りたかったね‥‥と


そんな幸せな話

有難い事に次の日

3日振りに兄弟と再会



里親さん宅のパパさんの膝の上で

嬉しそうな三兄弟

このお宅は 猫飼いのベテラン

幸せは保証されてる

良かったね~

ウルトラ三兄弟

ずっと ずっと兄弟一緒に暮らせるよ



その日の夜の

メチャメチャ美味しかったです




思いっきり猫パンチくらって

逃げたの誰だっけ?


野良猫 ウルトラ三兄弟

捕獲場所から自宅へ戻る前に病院にて

ウルトラ三兄弟のメディカルチェック

見た感じ大丈夫そうではあったけど

検査結果は 全て 『 問題ナシ 』良かった

複数の隠れ エサやりさんのお陰(?)か

ある程度の栄養はかろうじて確保出来ていたのか

免疫力は保たれてました
だからといって責任取れない様なエサやりは‥‥

元気もある 病気もない

ただ1つの問題は人慣れか‥‥ (笑)


そうそう

現場ではフーフーシャーシャー

怒りまくっていた三兄弟

いきなり捕獲され 恐怖と怒りで

目の前の缶詰さえも無視



仕方ないよね

仔猫達にしてみたら 人間 は 恐怖でしかない

ましてこんな中に入れられ

不安で不安で‥‥

どんなにお腹すいていたって

缶詰なんか食べれる訳ない‥‥わかるよ、わかるっ!


移動の際

車内では少しでも落ち着くように

布をかけ動物病院までノンストップ

車を走らせること40分

病院へ着き診察台でバッグ開けたら


‥‥‥‥。



缶詰・・・  見事に   空っぽ (笑)



おぉ~ ( ^∀^) いいねぇ

生きる力を感じます


そして初めてのケージ生活



シャー三兄弟って名前にしようかと思う程

シャー シャー 言ってます(笑)



そして



怒る (笑)



トイレの隅に隠れたり

一生懸命 出口を探し

脱獄を試みております



1時間くらい そっとしておいたら



疲れたし お腹もいっぱい?

ぼぉーっと し始めた頃

1匹ずつ出して 見ます

うんうん、いい感じ


『 怖くないよ 大丈夫だよ 』

少しだけど威嚇も少なくなった


当日は早く寝させましたが

心配で翌朝早朝にケージのぞき込んだら

思いっきり『シャー』と空気砲⬅わかります?(笑)

でも、ちゃんとトイレでオシッコ、ウンコしてましたエライ、エライ

ニャンコってトイレを教えなくても

完璧クリア出来るからいつも感動

これならすぐに里親募集できる



手前の子と トラ柄の子は 女の子

一番後ろにいる子は 男の子



実はこの時点でトラ柄の子は

里親さんが決まっていました

あっ、でも捕獲の時に一番手を焼いたのは

このトラ柄ちゃん (笑)



あと どの位

兄弟一緒にいれるのかな?

寝る時も 食べる時も

フリーにしてる時も

いつもピッタリくっついてる三兄弟を見てると

兄弟バラバラになるのは胸が傷むけど

それぞれの幸せの為に

頑張ろうね



『 ウルトラ三兄弟』 明日 で完結です



ごめん、ごめん

仔猫捕獲!

先週の話になりますが
私は後日談が多い (笑)

私が親しくさせていただいてるAさん

そのAさんからの ありがたい情報を元に

仔猫の救出へ 出掛けました
Aさんも 住んでる場所は違いますが保護活動をされています


着いた先は

アパートが多く立ち並ぶ 空き地

車から降り 空き地に向かうと

先ず 雨上がりの土からは

野良猫達の糞尿の匂いが立ちのぼる
ワンコ並みの嗅覚を持つ私は口呼吸に切り替えます(笑)

その次に目についたのは

アパートの壁に張られた

『 猫へのエサやり禁止 』のポスター

同時に幾分体格の良い白い成猫ちゃん

逃げる事もなく 近付いてくる

足元には散乱した缶詰の空や

紙皿、カップラーメンの容器‥‥

いろんな所から

いろんな異臭が漂う

猫を飼うことは出来ないけど

可哀想だから‥‥と エサだけを与える

『 エサやりさん 』

ここには何人いたんだろう?

学生が多い地区

成猫をみても TNRされてる猫はいなく

エサを貰ってるので

繁殖力だけは 異常に高まり

仔猫を産む その子たちが大きくなり

また仔猫を産む 悪循環‥‥

数が増え続ければ通報されるのも時間の問題

捕獲され  時間が経てば 殺処分の流れ

悲しい現実‥‥


それにここは

すぐ近くには大きな道路もある為

度々、ひかれて死んでいる‥‥と。

最近 仔猫の姿を見かけた

そんな情報を耳にし

せめて仔猫達から救出しなくちゃ‥‥と

しかし相手は野良猫‥‥

この日の4日前に

白ちゃんにガッツリ噛まれ

手をグローブの様に腫らした私

(ー_ー;)

えぇ、しっかり学習しましたよ。


家から出る際

誘き用のエサ、バッグ、ケージ

そして

専用の皮手袋

準備万端です!

白ちゃんで勉強させてもらいましたから( ^∀^)


そして目を凝らし仔猫を探す

いた いました

情報では2匹と聞いてたけど3匹いました





近寄るとシャーシャー

そして狭い所へ逃げ込みます

持久戦だな‥‥

蒸し暑さ + 西日が背中をジリジリ

でも負けませんよ 仔猫ちゃん達っ

それにしても皮手袋がやけに暑い~(笑)

缶詰をおき 誘き寄せ

最初は警戒してたけど

空腹には勝てないのか

1匹、また1匹と近付いてきます

1匹が完全に食らいついたその時

早業で仔猫を掴みあげた瞬間

『シャー フッー

爪と歯を立てます
良かった手袋していて(笑) 白ちゃんに感謝?

仔猫と言えど歯も爪も細く鋭いので 皮手袋していないと危険です

当然、兄弟が捕まったら

残された仔猫は警戒が強まり物陰に身をひそめます

けれど、所詮 仔猫ちゃん (;^ω^)

缶詰の匂いに釣られ

5分後、もう1匹捕獲

最後の1匹‥‥

この子はなかなかの根性っぴ~

持久線は続きましたが

意地と根性で私の勝ち~

でも、最後に捕獲した子はやはり一番手強く

皮手袋にも歯を貫通させる威力と共に

殺されそうなデカい声をあげ

通行人が私を極悪人を見るような目で見ながら

関わらない様に足早に去っていきました(笑)

そして3匹 無事確保



可愛い お顔してますが

シャーシャー 凄いです

まぁ、仔猫ですからね

保護したら こっちのモン

すぐになつかせてみせますよ
相変わらずのスーパーポジティブ

そして家に戻る前に

仔猫3匹 そのまま動物病院にて

診察してもらいました

続きは又あした


所在不明の白ちゃん &イジケるミーちゃん

私の初歩的ミスで

白ちゃんに恐怖を与えてしまい

1度はケージに入れたものの

スルリと逃げ去った白ちゃん

その白い体は私の反り血を浴び(笑)

首から背中にかけて

真っ赤な血で染まっていた(笑)

知らない人がみたら

ギョッとするだろ~なぁ‥‥

白ちゃん

怖がらせてごめんよ~ ( ;∀;)

怒りが収まったら帰っておいで‥‥




白ちゃんが姿を見せなくなって

つまんなそうなミーちゃん

しばらくはイジケていました




そのミーちゃんが‥‥

何やらテンション上がってる?



何してるの??




たかだかヒモ位で楽しそうに遊んで





ミーちゃん‥‥

まだまだ赤ちゃんだな~

こんなヒモで遊んで喜んでさ~


そんな感じでのぞき込んだら


!Σ( ̄□ ̄;)ヒモじゃないっ





まぁ、小さいですけどね。




















小さなヘビさんがミーちゃんのお友達になる前に

お星さまになると悪いので 逃がしてあげました

ミーちゃん・・

まったく油断も隙もありゃしません (笑)





このヘビさん事件の2日後

白ちゃんが姿を見せてくれる様になりました

ただ警戒心は強くなりましたけど(笑)



いつでも逃げれる体勢の白ちゃん


ごめんね~  悪かったよ~

お詫びの気持ちとして

美味しい缶詰で 手なずける 仲直り~(笑)

Wの悲劇

左手を負傷した白ちゃん

痛々しいので 直ぐ病院へ

なんの用意(バッグ)もしないまま

白ちゃんを捕まえた

この頃の白ちゃんはダイブ

私に心を許してくれていて

触ることをは出来たんです

しかし抱き上げるまでのコミュニケーションは

とれてなかったので

とりあえず首元を摘まんで捕獲

意外と抵抗する事もなかった

『あっ、バッグ‥‥ 』

このまま白ちゃんの首元を持ったまま

家の中までバッグを取りに行くことは不可能

しかし偶然にも

保護っ子専用の移動用のケージが

自家用車の中に入れっぱなしだった

ラッキー


白ちゃんを右手で持ったまま

車のドアを開けた途端

自動でスライドしたドアにビックリ

あの穏やかだった 白ちゃんが変貌

『フッー シャー



『ごめんね。 大丈夫だよ 』

と声をかけながら

開いたドアの向こうのケージに手をかけた瞬間

ガブッ

猫の身体が柔らかい事スッカリ忘れてました

‥‥ってか 噛むって事も忘れてました



痛~っ‥‥ と思った瞬間

私の手首に鮮血が流れ出し (笑)


それでも怯む訳にいかないので

『 白ちゃん 大丈夫だよ、大丈夫だから 』

‥‥と言う私の声も虚しく

白ちゃん恐怖の余り

増々 顎に力を加え 歯は肉深くめり込み

爪も立て‥‥

ここで離したら女が廃る

いやいや そうじゃなく

ここで逃がしたら

2度と白ちゃんは私の目の前に現れなくなる

その一心だけで

苦痛に顔を歪めながらも

『 白ちゃ~ん 大丈夫だよ』と ヒキツッタ笑顔

その間も 手からボタボタ出血
あっ、苦手な方 スミマセン! しかし人間ってこんなに簡単に血がでちゃうんだな~

やっとの思いで車からケージをおろし

白ちゃんを入れた瞬間

身体を翻し ピュッーと逃げ去りました

( ;∀;) ウソでしょ・・



私の頭に今日のタイトルでもある

『 Wの悲劇 』と言う文字と共に

あの薬師丸ひろ子の震える様な声で ご存知の方はご一緒に~



もぉ~ 行かないでぇ~

そばにいてぇ~ (白ちゃ~ん!)

( 中の歌詞は飛ばし~ )

もぉ~ 愛せないとぉ~

言うのならぁ~

友達でもぉ~ かまわないわぁ~

強がっても~

震えるのよぉ~ 声がぁ~


‥‥と

去り行く白ちゃんを思いながら~の曲となりました


まぁ、私の場合は

震えたのは『 声 』ではなく

血を流して感覚が薄れていく

『 手 』でしたけどね (笑)


みるみる内に噛まれた手は腫れ上がり

グローブみたいになりましたよ(笑)

駐車場は事件でもあったかの様に血まみれ


手を負傷し

白ちゃんは逃がす

まさに Wの悲劇・・・



まぁ、用意不足での完全なる私のミス

起こるべきして 起こった凡ミス

白ちゃんに恐怖だけを与えてしまい

申し訳なさと 自分への怒りで

情けなさいっぱ~いの夜でした。


翌日になっても腫れが引かず熱をもって来た為

病院へ行ったら

破傷風予防の注射と一週間分の抗生剤

毎日必ず塗る様に!と軟膏を出され

挙げ句の果てに

重病人みたいに包帯グルグルにされたので

恥ずかしいので病院から出たら

車の中で外しちゃいましたよ(笑)



腫れが引いた画像です

苦手な方はスルーでお願いします











皆さんも お気をつけ下さい (笑)







キミには言われたくないな‥‥

しかし か~たんはこんな事くらいじゃメゲませんよ (笑)

野良猫の白ちゃん

オカマ オス猫ミーちゃんの後ろをピッタリついて歩く

これまた オス猫の野良猫の白ちゃん







TNR活動 (去勢手術 )を‥‥と考えていた矢先

白ちゃんが前足を浮かせ歩く姿




ど~したの 白ちゃん



ケンカかな? 交通事故かな~?


とりあえず去勢なんかより

その痛々しい腫れた手の処置を

してもらわなきゃと焦った私



白ちゃんの首筋を捕まえて

ケージに入れようと

右手に白ちゃん

左手でケージのドアを開けた瞬間

その悲劇は

起こるべきして

起こったのであります‥‥
続きは又あした

窓口係?

5月の中頃から

チュンチュンのお世話で多忙だった私

そんな私に追い討ちをかける様に

6月上旬

またしても‥‥ この方が

お仕事の重複依頼
チュンチュンで忙しいんだってばー(>_<)



鳥?

またヒナ??




いいえ違います

今回ミーちゃんが連れて来たのは



体のサイズ的には成猫かな?

画像ではわかりにくいですが

ガリガリで骨皮スジコです(笑)

ドコをどう見ても野良猫‥‥

いつから野良生活をしていたのか

白い毛は近くで見るとグレー
洗ってあげたら、真っ白で綺麗だろ~なぁ・・





そんな白猫ちゃんにミーちゃんが

氣志團の『ワンナイトカーニバル』 ばりに



そう言ったか? 言わないか? (笑)




オイッ(ー。ー#)     ミーちゃん 一言余計だ!



それにしても

一体ドコから連れて来たんだろ~ (*_*)

やたらミーちゃんを慕っていて

ミーちゃんが背を向けて歩くと

小さく 物悲しげな声を出してついて歩く

私が近寄るとピュ~と逃げるクセに


なので遠くから目を凝らしチェッ~ク


ん~

お尻にプリッとカワイイの付いてるから

男の子だね~


白ちゃんよ‥‥

ミーちゃん 去勢してあるけど

男の子なんだからね~(笑)



そしてこの日から白猫ちゃんの去勢手術に向け

私の活動が始動したのデス



らぃむ王子 か~たんの事

応援してくれるなら、起きて言ってね(ー_ー;)


次は何 ・・?

昨日までのブログに綴った

チュンチュンは

この方が連れて来た



ドコが昔じゃ

ま、まぁ それは置いといて

その他にも 何か か~たんに

言うことあるでしょ ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



誤魔化すんじゃない












ミーちゃん

アナタは何の窓口なのさ‥‥

(ー_ー;)


プロフィール

⭐nagomi⭐

Author:⭐nagomi⭐
毎日、愛犬2匹に癒されてる  
肉球LOVE♪の nagomi です(*^▽^*)

ときに動物保護活動や
  里親探しもしています!

☆ちっぷ(チワワ)
 ~猛犬女子~
H18・6月18日生まれ  
弱ってる子と幼子には優しい  

☆らぃむ(ヨーキー)
~ビビリ男子~
H21・8月14日生まれ
完全内弁慶のビビリ王子
発作持ち

☆ミーちゃん
(保護中ニャンコ)
去勢済男子
H27・春頃?生まれ
極度の警戒心の為、里子断念
只今、我が家で半同居中~!

☆白ちゃん
(保護中ニャンコ)
去勢済み男子
H26生まれ?←獣医師予想
H28春ガリガリで毛艶も
ボロボロの状態を保護

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR