FC2ブログ

気分転換♥️

ミーちゃんと共に生活!…と

頑張っている ちっぷ & 王子

気分転換に!と久々 我が家のミニミニドッグランへ連れて来た



うん、うん。 楽しそう

気分まで開放的になるよね



ちっぷ~ おいで~\(^-^)/

気分よく走って来る ちっぷお姉ちゃんの横から…



あっ ( ; ゜Д゜)

後ろから王子が……



ダッシュして私の元へ来た王子の後方で

ちっぷお姉ちゃんが固まってる

((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ヤバイぞ



ホラ やっぱり 怒ってる




ご機嫌直すには、やはりコレだね


ちっぷ達のオヤツ用に育てていた無農薬のイチゴ

我が家は何をするにも年功序列

ちっぷお姉ちゃんが先



お次は王子の番ですよ~ (笑)



私の手まで口に入れてる…

手を離したら丸飲みしちゃうから潰しながらあげてます

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

今日のミーちゃん



いい調子です



シロちゃんへ

シロちゃんが亡くなって19日
ミーちゃんをワンコチームと同居させ18日
起きてる間はシロちゃんの居ない寂しさと
なれないリビング生活にずぅ~~~~と鳴き続けるミーちゃん
ホント疲れて眠る以外はずぅ~~~~と鳴いて…
それもかなりのボリューム(声)
こんなに鳴き続けて声は枯れないモノか?
いつまで鳴き続けるのか?
ちっぷ、らぃむ、勿論ミーちゃんにもかなりのストレスの日々
私は仕事中もミーちゃんの鳴き声が聞こえると言う幻聴 ヤバイ、ヤバイ!


ちっぷお姉ちゃんも寝不足でお疲れ気味
ミーちゃんに1度だけ激吠えしたちっぷ。
『ミーちゃんは、シロちゃんが居なくなって寂しいんだから優しくしてあげてね』
その言葉を理解してくれたのか?
いや、多分
喧嘩上等!の猛犬だけど昔から赤ちゃんと弱っている子には優しい
母性愛あふれる、ちっぷお姉ちゃん
きっとミーちゃんの切ない気持ちを読み取ってくれたんだと思います
それからは優しい目で見守ってくれてます私にとってこれはかなり大きい!

そしてコチラは~

王子! 野良猫発言は撤回しなさい(笑)
怖いクセにミーちゃんを吠える、追いかける
そんな王子を尻目に
鳴く、鳴く、鳴く
ずぅ~~~っと鳴く( ; ゜Д゜)ニャンコってこんなに鳴き続けるものなのか~~~~
我が家に明るい明日は来るのか…??


夜だけはミーちゃんリビング(ケージIN)に残し
我々は寝室に移動するのですが

ミーちゃんの声が届かない静かな寝室で数秒で爆睡するちっぷ&王子

ダイブ無理させちゃってるんだよなぁ…と
寝顔を見ながら凹む
その数秒後には私も意識を失う

いっこうに鳴き止まないミーちゃん
仕方ない…
相棒のシロちゃんが目の前から居なくなり
王子には吠えたてられ
なれないリビング生活

ミーちゃんだってなれない環境と戦っているんだもんね
みんなヘロヘロになりつつ…2週間経過
こ~なったらミーちゃんと根比べだなと腹をくくった辺りから少しずつ変化
鳴きやんでる時間が少しずつ増え
食欲も戻ってきた
ちなみにシロちゃんの死後、食欲も無くし免疫力もガタ落ちして猫風邪発症し通院していたミーちゃん
よし これなら大丈夫
そして同居生活18日目の今日
ちっぷお姉ちゃんは優しい
ここまで距離が縮みました
ミーちゃんにもちっぷの優しさが伝わって来てます。

そして私の側が1番安心するらしく…

こ~んな感じ(笑)
お空のシロちゃんへ シロちゃん、ミーちゃん少しずつ 元気を取り戻して来たよ。 これからも見守ってあげてね

想定内の発作

毎日・朝晩の薬のおかげもあって

最近じゃ滅多に出なくなった王子の発作

そして出たとしても

内容的には以前と違い軽く済んでる ありがたや~

今の薬の量が王子に合っている事も

発作回数と定期的に受けている血液検査数値で証明されていますが

そんな王子

目に見えない気圧の変動やストレス等で発作を起こす時も・・・



今回の発作は想定内…と私が言ったのは

最近の生活から近々必ず発作は来る!…と思っていたから

王子のストレス



実はね

シロちゃんが亡くなった翌日から

兄弟の様に暮らしていたミーちゃんが心のバランスを崩しまして…

シロちゃんを探して外に出ようと

鍵のかかっている外に面した窓を開けようと必死

後ろ足の爪を剥がしてしまいました

私がニャンコ部屋に入った時

部屋中 血だらけ   マジ、びっくりした!!

爪も剥げ出血して痛いはずの足で

何度も何度もチャレンジし続けたのか

ガラスも床も血だらけ

ひたすらシロちゃんの姿を求め

今まで聞いたことのない様な大きな切ない声で鳴き続け

止まる事なく部屋中ウロウロ

直ぐに病院で足の処置して貰いながらミーちゃんのメンタル面を先生と相談

『この子、しばらくはダメだと思うよ』by 獣医師


ですよね~ ( ;∀;)



なので私、決断しました!

今後はミーちゃんも一緒に!

今までは同じ屋根の下といえど別々

ニャンコ部屋で暮らしていたシロちゃんとミーちゃん

猛犬(ちっぷ) & ビビり(らぃむ)→発作持ちと同居は無理なので

今までの保護ニャンコ達はみんな赤ちゃんだったから

ちっぷお姉ちゃんの許容範囲で里子に出るまでの同居は可能だった。

あ、らぃむ王子も小さくて動かない子は平気です(笑)


しかしミーちゃん成猫だし…

シロちゃん程 ワンコに対して積極的じゃないし…

だけど、こんな精神状態のミーちゃんを1匹にさせる訳にはいかない

その反面

いろんな心配が私の脳内に押し寄せる

ちっぷ、王子、ミーちゃんソレゾレに大きくのし掛かるストレス


長期戦になるだろう

そして王子の発作も免れないだろう

でも、やるしかない!

みんなで頑張って乗り越えよう!!

家族だもん。

なんとかなるさ ケセラセラ いたってポジティブ派


ミーちゃんの病院から自宅へ戻らず

ホームセンターへ直行

ニャンコ用の二段ケージを購入!

とりあえず お互いの安全を守る為にね。



リビング生活当初、疲れて眠る以外はず~~~っと鳴きつづけるミーちゃん



キミもず~っと吠えまくってたけどね(´・_・`)


この頃は 四六時中 鳴き続けるミーちゃんの声で

ホントみんな寝不足でした流石の私もグッタリ



長くなるので続きは又あした

発作



大丈夫、 想定内の発作です

大丈夫、大丈夫!

さぁ、乗り越えるよ~ 王子

か~たんがついてる!

わんこチーム

我が家のわんこチーム 元気です



がっ……




ちっぷお姉ちゃんも






らぃむ王子




そして私も……


少々お疲れモードの寝不足気味






が、頑張ろぉ~!!

続・ シロちゃんらしい



当日 Sさんから届いたお花 (*_ _)ペコリ




同じく当日

『ほら シロちゃんみたいでしょ(´;ω;`)』と

泣きながら届けてくれた Rちゃん ありがとう





ここ数日の高温で『シロちゃんへ』と送っていただき

祭壇を華やかに飾ってくれていたお花達

役目を終えたかの様に

数日前から下を向きはじめた

改めて感謝の気持ちを胸に……

胸に… 胸に……

ぎゃ~~~~~~~

送っていただいたお花達を写真に納め忘れたぁ~

大失態 ( ;∀;)



Cさん、Kさん、Mさん スミマセン


↑ 慌てて祭壇場所を確保(当日夕方)

シロちゃんが寂しがると悪いのでミーちゃんJr.を そっと横に…

『この遺影写真はど~なのよ ( ̄▽ ̄;)』って友達から突っ込まれてしまったが(笑)

とりあえず手元にあった写真だから許して~



私にとってシロちゃんは

超甘えん坊のイタズラっ子



ミーちゃんより後から我が家に来たのに態度がデカイ(笑)



美味しいモノはオレのモノ(笑)



人間に捨てられ

ある日 突然ミーちゃんの後ろについて現れた

最初は大の人間嫌いで

私も一切近付けず

足を怪我していたシロちゃんを病院に連れて行こうと捕獲した私の手に

鋭い爪と牙で大格闘

保護活動を始めて、初めて私はニャンコに血祭りにされ(笑)

病院送りにさせられたなぁ~

人間に裏切られ敵対心を持っていたシロちゃんが

ミーちゃんのおかげで私に心を開いてくれて

その後は超甘えん坊へと変わった

これから先は過去の辛かった時間を取り戻して

幸せに向かっていくハズだったのに……




シロちゃんへ

ど~した シロちゃん

なんでそんなに生き急いだの?

もっとゆっくり のんびりして良かったんだよ?

ワガママ放題で良かったんだよ

最初は地域猫として去勢手術と食事だけのつもりだったけど

あまりのミーちゃんとの仲の良さに

途中からミーちゃん共々

我が家の子として完全に迎え入れたね

出会って2年

かーたんは アナタを幸せに出来たのかな?

でもね

1つだけシロちゃんにプレゼント出来たモノ。

それは『名前』アナタが生きてた証

それも名字付きのフルネーム

家族の証だよ

葬儀の時にも名前を呼ばれたよね

『○○ シロくん』って

お空で名前を呼ばれたら胸を張って、お返事するんだよ!

ゴールデンレトリバーの大きなお姉ちゃんが

『私の弟なのね?』ってそばに来てくれると思うから

ミックお姉ちゃんの言うことをよく聞いてね。

シロちゃん

ずっとずっと 大好きだよ



※追記でシロちゃんの亡くなった時の画像がありますので苦手な方はここでストップして下さい!
大丈夫な方はシロちゃんの最期を見てあげて下さい。

続きを読む

シロちゃんらしい……

昨日の続き~



シロちゃんの火葬が終わり

葬儀場から帰宅して

真っ先に向かったのは

相棒ミーちゃんが待つニャンコ部屋

1番にミーちゃんに会わせてあげたくてね~

そこで撮った写真がコチラ





??




???






いやいや…

何もしてませんけど……?




編集して直しました

後で気付いた事ですが

ニャンコ部屋で撮った他2枚も

全て逆さに写っていた

ニャンコ部屋を出た直後リビングで写した画像は





ね? これは正常でしょ?

ニャンコ部屋で撮った画像だけが全て逆

コレ絶対おかしい (゜ロ゜;ノ)ノ

カメラをひっくり返した訳でも

自動に反転された訳もなく

……ってことは

絶対シロちゃんのイタズラでしょ~(笑)

よくミーちゃんと遊ぶ時ひっくり返ってジャレていたもんね

知らない人が見たら怖~い怪奇現象だけど

その日の夜

この不思議な画像を見ながら

シロちゃんらしいな って

泣きながらクスッと笑ってしまった私でした ( *´艸`)

初七日を終え…

昨日はシロちゃんの初七日でした



シロちゃんの突然過ぎる死に対して

気持ちがついて行けない私は

これは現実なのか?

長い夢を見てるんじゃないのか?…と

何度も 大人らしからぬ 現実逃避

だけど否応なしに現実に引き戻され

気が張ってるハズの仕事中でさえ

勝手に涙が流れるので取引先の方には

『スミマセン 花粉症で… 』と

『今の時季の花粉症~?(笑)』と何度も突っ込まれましたが

『そうなんです~』と嘘を突き通す私

シロちゃんの事を少しでも口にしたら

間違いなく仕事どころではなくなりますのでね~

でも正直な所

今現在も悲しみに浸る余裕すらない

そんな事態に陥っています。

その話は後々ゆっくりと…



シロちゃんの死後

メール、LINE、コメント欄等から 心温まる優しいメッセージ

そしてお花等、送っていただき 本当にありがとうございました。



4歳という若さ

元気いっぱいのシロちゃんの死

『どうして?』って皆さんが思われるのは当然

一番近くに居た私ですら

『なんで? どうして?』 でしたから・・



死因は 後日 獣医師から

『多分、心筋梗塞だろう』と伝えられました

病気もない元気な若い子でも

多くみられる心疾患だそです。




亡くなった当日

いつも通り 朝6時にニャンコ部屋へ

いつもと変わらない元気な ミーちゃん & シロちゃんに朝ご飯

食べてる間に ニャンコトイレの掃除

食べ終えたのを確認、食器をさげ

今度はワンコ達のご飯準備の為 リビングへ移動

その後、ニャンコ部屋に戻り

毎朝恒例のブラッシング

この流れが毎日のパターン

ニャンコ部屋を出て

再びニャンコ部屋に戻るまでの時間は15分

あの日も15分後にブラシを持って戻ったら

シロちゃんだけが床に寝ていて

最初はただ寝てだけかと思ったけど

『ん? シロ?』

直ぐに異変に気付き

抱き上げたら瞳孔が開きかけていて

『どーした シロちゃん』と大きい声で呼んだら

『ニャ…』って弱々しい声で答えたけど

直ぐに呼吸が弱くなり

慌てて床に寝かせて心臓マッサージをしながら

『シロちゃん! しっかりしなさい!』って叫び続け

マッサージの手を止め再度名前を呼ぶと

弱々しくも『ニャ』って答えてくれ

私はまたマッサージを続ける

その繰り返しを数分

その後

『ニャ~~~』って今までより大きく長く鳴いた


あぁ・・ もぉ、お別れなんだ・・・・

そう直感して

マッサージをやめ シロちゃんを抱き上げ

『シロちゃん、お母さんここにいるよ! ずっと抱っこしてるよ! シロちゃん大好きだよ!』

その言葉を伝えた直後

最後の最後に大~きく息を吸い込んだシロちゃんは

そのまま天使になってしまいました



突然の事で頭は真っ白になりつつも

倒れていた時、パニックにならず

先ずは誤飲での窒息の可能性を考え

口を開けて見てみたり

心臓マッサージをすぐ出来た自分自身に今になって驚いています

シロちゃんの最期が

相棒のミーちゃんはそばにいたけれど

1匹で床に倒れたままじゃなく

私の腕の中で息を引き取れた事

そして何より

大好きだよ!って伝えてあげれた事

あの時

私がシロちゃんに出来る事は全てやってあげれた

それが唯一の心の救いとなりました。



雲1つない快晴

火葬の時間、別県から一緒に空を見上げ

見送ってくれた保護仲間の方から

『シロちゃんらしい 旅立ちだね』

そんな優しいLINEが届き 涙がポロリ

ホントにシロちゃんらしい…




小さなメモリアルパークですが

先代ミック、実家のルイちゃんもお世話になってる場所

私はいつも 立ち会いコースでお願いするので

人間と同じ、火葬の直前 扉を閉めるまでずっと一緒

その後

骨壷にお骨あげをして帰宅となります。

帰宅後真っ先に

ニャンコ部屋で待つミーちゃんの元へ

真っ先にシロちゃんを連れて行って



あらら

nagomiさんったら 画像逆さまじゃん (笑)

そぉ思いますよね ( ̄▽ ̄;)アハハ





真相は……


長くなるので 続きは又あした~

ご心配おかけしましたが、みんな元気です

ご報告

シロちゃんの訃報に

コメント欄、メール、LINE等への

優しいメッセージ & 供花

本当に ありがとうございます。

シロちゃん共々、感謝でいっぱいです。
お返事と詳細は、もう少しお待ち下さい



お空へ…

今朝7時

シロちゃんがお空へ旅立ちました




あまりの突然の事で

私自身も気持ちが追いついていけてませんが

取り急ぎ ご報告まで。

プロフィール

⭐nagomi⭐

Author:⭐nagomi⭐
毎日、愛犬2匹に癒されてる  
肉球LOVE♪の nagomi です(*^▽^*)

ときに動物保護活動や
  里親探しもしています!

☆ちっぷ(チワワ)
 ~猛犬女子~
H18・6月18日生まれ  
弱ってる子と幼子には優しい  

☆らぃむ(ヨーキー)
~ビビリ男子~
H21・8月14日生まれ
完全内弁慶のビビリ王子
発作持ち

☆ミーちゃん
(保護ニャンコ)
去勢済男子
H27・春頃?生まれ
極度の警戒心の為、里子断念
只今、我が家で同居中~!

☆白ちゃん
(保護ニャンコ)
去勢済み男子
H26生まれ?←獣医師予想
H28春ガリガリで毛艶も
ボロボロの状態を保護
※H30年5月11日お空へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR