FC2ブログ

初七日を終え…

昨日はシロちゃんの初七日でした



シロちゃんの突然過ぎる死に対して

気持ちがついて行けない私は

これは現実なのか?

長い夢を見てるんじゃないのか?…と

何度も 大人らしからぬ 現実逃避

だけど否応なしに現実に引き戻され

気が張ってるハズの仕事中でさえ

勝手に涙が流れるので取引先の方には

『スミマセン 花粉症で… 』と

『今の時季の花粉症~?(笑)』と何度も突っ込まれましたが

『そうなんです~』と嘘を突き通す私

シロちゃんの事を少しでも口にしたら

間違いなく仕事どころではなくなりますのでね~

でも正直な所

今現在も悲しみに浸る余裕すらない

そんな事態に陥っています。

その話は後々ゆっくりと…



シロちゃんの死後

メール、LINE、コメント欄等から 心温まる優しいメッセージ

そしてお花等、送っていただき 本当にありがとうございました。



4歳という若さ

元気いっぱいのシロちゃんの死

『どうして?』って皆さんが思われるのは当然

一番近くに居た私ですら

『なんで? どうして?』 でしたから・・



死因は 後日 獣医師から

『多分、心筋梗塞だろう』と伝えられました

病気もない元気な若い子でも

多くみられる心疾患だそです。




亡くなった当日

いつも通り 朝6時にニャンコ部屋へ

いつもと変わらない元気な ミーちゃん & シロちゃんに朝ご飯

食べてる間に ニャンコトイレの掃除

食べ終えたのを確認、食器をさげ

今度はワンコ達のご飯準備の為 リビングへ移動

その後、ニャンコ部屋に戻り

毎朝恒例のブラッシング

この流れが毎日のパターン

ニャンコ部屋を出て

再びニャンコ部屋に戻るまでの時間は15分

あの日も15分後にブラシを持って戻ったら

シロちゃんだけが床に寝ていて

最初はただ寝てだけかと思ったけど

『ん? シロ?』

直ぐに異変に気付き

抱き上げたら瞳孔が開きかけていて

『どーした シロちゃん』と大きい声で呼んだら

『ニャ…』って弱々しい声で答えたけど

直ぐに呼吸が弱くなり

慌てて床に寝かせて心臓マッサージをしながら

『シロちゃん! しっかりしなさい!』って叫び続け

マッサージの手を止め再度名前を呼ぶと

弱々しくも『ニャ』って答えてくれ

私はまたマッサージを続ける

その繰り返しを数分

その後

『ニャ~~~』って今までより大きく長く鳴いた


あぁ・・ もぉ、お別れなんだ・・・・

そう直感して

マッサージをやめ シロちゃんを抱き上げ

『シロちゃん、お母さんここにいるよ! ずっと抱っこしてるよ! シロちゃん大好きだよ!』

その言葉を伝えた直後

最後の最後に大~きく息を吸い込んだシロちゃんは

そのまま天使になってしまいました



突然の事で頭は真っ白になりつつも

倒れていた時、パニックにならず

先ずは誤飲での窒息の可能性を考え

口を開けて見てみたり

心臓マッサージをすぐ出来た自分自身に今になって驚いています

シロちゃんの最期が

相棒のミーちゃんはそばにいたけれど

1匹で床に倒れたままじゃなく

私の腕の中で息を引き取れた事

そして何より

大好きだよ!って伝えてあげれた事

あの時

私がシロちゃんに出来る事は全てやってあげれた

それが唯一の心の救いとなりました。



雲1つない快晴

火葬の時間、別県から一緒に空を見上げ

見送ってくれた保護仲間の方から

『シロちゃんらしい 旅立ちだね』

そんな優しいLINEが届き 涙がポロリ

ホントにシロちゃんらしい…




小さなメモリアルパークですが

先代ミック、実家のルイちゃんもお世話になってる場所

私はいつも 立ち会いコースでお願いするので

人間と同じ、火葬の直前 扉を閉めるまでずっと一緒

その後

骨壷にお骨あげをして帰宅となります。

帰宅後真っ先に

ニャンコ部屋で待つミーちゃんの元へ

真っ先にシロちゃんを連れて行って



あらら

nagomiさんったら 画像逆さまじゃん (笑)

そぉ思いますよね ( ̄▽ ̄;)アハハ





真相は……


長くなるので 続きは又あした~

ご心配おかけしましたが、みんな元気です

コメントの投稿

Secret

No title

いつも訪問ありがとうございます…
それに暖かいお返事、ありがとうございました…。
私もまる子を亡くしたばかりなので…
お辛い気持ちよくわかります…。
他の子たちのためにも、お体、お大事になさってくださいね…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

大変でしたね。若すぎる死に 言葉もありませんが お母さんの腕の中で 旅立てたのは 何よりだったと思います。
向こうに 先に行っただけで ちゃんと 会えますからね。

無理に 気丈にせず 泣くだけ泣いた方が スッキリするかも知れませんよ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当にシロちゃん 旅だってしまったんだなって
改めて‥涙

Nagomi さんの的確かつ迅速な対応
そして、溢れるばかりの愛情で
大好きと伝えてあげられたこと 
早すぎるお別れでしたが、
シロちゃん 幸せに思っていることでしょう

この日はほんと、きれいな青空が広がって

 
うっ ごめんなさい
また


小さな体でたくさんの愛と安らぎを与えてくれ、多くのことを教えてくれる彼らに、私は、なにができるのだろうかと、また、考えさせられました

Nagomi さん
ご立派です
シロちゃん大好きだよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

助けたいという強い思いがnagomiさんを冷静にさせてくれたんですね。
本当にしっかりした対応が出来て感心してしまいました。
そして胸に抱きしめられて旅立つことが出来たシロちゃんは、短い生涯ではあったけれどやっぱり幸せだったんだと思います。
残された方は辛いですが・・・。
どうか「花粉症」で乗り切って下さいね。
プロフィール

⭐nagomi⭐

Author:⭐nagomi⭐
毎日、愛犬2匹に癒されてる  
肉球LOVE♪の nagomi です(*^▽^*)

ときに動物保護活動や
  里親探しもしています!

☆ちっぷ(チワワ)
 ~猛犬女子~
H18・6月18日生まれ  
弱ってる子と幼子には優しい  

☆らぃむ(ヨーキー)
~ビビリ男子~
H21・8月14日生まれ
完全内弁慶のビビリ王子
発作持ち

☆ミーちゃん
(保護ニャンコ)
去勢済男子
H27・春頃?生まれ
極度の警戒心の為、里子断念
只今、我が家で同居中~!

☆白ちゃん
(保護ニャンコ)
去勢済み男子
H26生まれ?←獣医師予想
H28春ガリガリで毛艶も
ボロボロの状態を保護
※H30年5月11日お空へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR